So-net無料ブログ作成
検索選択
競馬ニュース・雑記 ブログトップ
前の10件 | -

フサイチジャンク 先行して3連勝 [競馬ニュース・雑記]

フサイチジャンクが1/21京都の若駒ステークスで3連勝を飾りました。
ジャンクが無傷の3連勝/若駒S(日刊スポーツ)

やっとこさ差した2戦目を見たときは「このままなら次はいらないな」と思ってたんですけど、さすがは武豊。
脚質転換をしてきました。
先行して圧勝。
これで皐月賞の出走権はほぼ手中にしたと言っていいでしょう。
アドマイヤムーンとクラシックでかち合ったらどっち選ぶんでしょうね>ユタカJ

それとユタカJは若駒Sを5年連続勝利だそうです。
地味にすごいです。
ちなみに
2002モノポライザー
2003リンカーン
2004ブラックタイド
2005ディープインパクト
2006フサイチジャンク

あと関口会長が単勝にいくら突っ込んだかも気になるところ。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

JRAからのクリスマスプレゼント? [競馬ニュース・雑記]

なんか、一昨日くらいにJRAから封書が届いていました。
電話投票会員向けのようで、DVD在中と書いてあります。
中には紙ジャケットに入ったミニDVD(シングルCDサイズ)が。
「有馬記念」名勝負と題して岡部幸雄さんとシンボリフドルフ(?)の写真
以下の有馬記念映像が入っているようです。
1965年 シンザン
1976年 トウショウボーイ
1977年 テンポイント
1979年 グリーングラス
1984年 シンボリフドルフ
1985年 シンボリフドルフ
1988年 オグリキャップ
2002年 シンボリクリスエス
特典 三冠ダイジェスト・ディープインパクト

なんとなく選択に違和感が。
シンザンとTTGはわかる。
なぜルドルフが2回も?
なぜオグリキャップはラストランではなく我がタマモクロスと死闘を繰り広げた1988年?
てな疑問を感じつつ再生したら謎が解けました。
それは”岡部幸雄が語る「有馬記念」名勝負”だったからです。
よく見たらジャケットにもそう書いてありました。

まずは有馬記念の存在と想いを語り、そしてピックアップしたレースについて語ります。

17歳のときに見たシンザン、勝ちに行って格の違いを見せ付けられたTTG。

んで、やっぱり一番多くを語ったのはシンボリフドルフ。
カツラギエースだけには負けたくないと思って乗った1984年、圧勝するつもりで乗って圧勝した1985年。

打倒タマモクロスに燃える陣営に騎乗依頼されたときの驚きといきさつや、考えに考え抜いた作戦がハマッたことなどを語るオグリキャップ。

「ユキの後ろに付いていれば安心だ」とペリエJに言わしめたシンボリクリスエス。

あとはおまけ映像のディープインパクト。

今まで作家、解説者・評論家などのロマンチストが語る映像・文章しか見たことがなかったので、騎手の目から語るというのは非常に新鮮でした。
特に1985年と1988年は岡部さんも熱く語ってくれて非常によかったです。
ありがとう、JRA。
メリークリスマス!よいお年を!!

って今週末もJRAさんのとこに顔を出しに行きますけどね。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

吉岡美穂、DOCのイメージキャラクターに [競馬ニュース・雑記]

見事勝ち抜いて美穂と会ってミホ――DOCオンライン1周年記念キャンペーン開催ITmedia +D Games

吉岡美穂ちゃん、まだ競馬と切れてませんでした。

かつては本命クラッシャーとして名を馳せた吉岡美穂ちゃん。
彼女が本命にした馬はことごとく沈んでいきました。
葬り去ったのはコスモバルク(ダービー他)、ダンスインザムード(オークス他)、ゼンノロブロイ(宝塚記念)など・・・。
この3頭は人気で沈みました。
逆に一部の人にはかなり重宝されていたようです。

さて、そんな吉岡美穂ちゃんですが、DOC(ダービーオーナーズクラブ)のイメージキャラクターになりました。
DOCオンライン1周年記念“MEET Miho”キャンペーン」と題し、吉岡美穂ちゃんがゲーム内に登場するそうです。
ゲーム内で予想はするのだろうか?

ダービーオーナーズクラブ オンライン オフィシャルサイト




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ゲーム

ジャリスコライトの次走は京成杯を予定 [競馬ニュース・雑記]

ジャリスコ1・15京成杯視野に調整日刊スポーツ

京成杯(G3・中山・芝2000m)ですか・・・。
藤澤和厩舎の活躍馬のクラシックまでのローテーションを振り返ってみますと・・・

バブルガムフェロー
*1996
10月
新馬・3着
東京・芝1800m
10月
新馬・
東京・芝1800m
11月
府中3歳S・
東京・芝1800m
12月
朝日杯3歳S・
中山・芝1600m
3月
スプリングS・
中山・芝1800m
骨折
シンボリクリスエス
*2002
10月
新馬・
東京・芝1600m
1月
セントポーリア賞・2着
東京・芝1800m
2月
ゆりかもめ賞・3着
東京・芝2400m
3月
3歳500万下・3着
中山・芝1800m
4月
山吹賞・
中山・芝2200m
4月
青葉賞・
東京・芝2400m
ゼンノロブロイ
*2003
2月
新馬・
中山・芝1600m
3月
すみれS・3着
阪神・芝2200m
4月
山吹賞・
中山・芝2200m
5月
青葉賞・
東京・芝2400m
ジャリスコライト
*2006
10月
新馬・
東京・芝1800m
10月
いちょうS・
東京・芝1600m
12月
朝日杯FS・3着
中山・芝1600m
1月
京成杯・?着
中山・芝2000m


馬名の下の*はクラシックの年度です。
バブルガムフェローはスプリングSを勝った後、骨折・秋まで休養。
シンボリクリスエスとゼンノロブロイは青葉賞を勝った後、ダービー2着でした。
1996年(バブルガムフェローと同期の世代。ダービー馬はフサイチコンコルド)以降で皐月賞に出走したのは2002年のサスガ(安藤勝・6着)、ヤマノブリザード(岡部・10着)、2003年のスズノマーチ(横山典・9着)の3頭だけです。
はっきり言って厩舎のエースではありません。
オンファイアがディープインパクトではないことは明らかであり、フェラーリシリーズもワン、セブンと不発でした(ファイブもいるそうですが)。
今年のエースはジャリスコライトと言って差し支えないと思います。
しかしこの「1月の中山」を使うというのは今まで(エース級には)なかったことです。
珍しく皐月賞を視野に入れているのかもしれません。
もちろんその後も。

アグネスデジタルはあらゆる舞台で活躍しましたが、勝ったのは2000mが最長です。
父がCrafty ProspectorからFantastic Lightに替わってどうでるか。
藤澤先生は「1600mの馬じゃない」と言っています。
アグネスデジタル級か、それともシェルゲーム級なのか・・・。
今後が楽しみな一頭です。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

香港マイル ハットトリック優勝、香港ヴァーズ シックスセンス2着 [競馬ニュース・雑記]

12月11日、香港シャティン競馬場で行われたキャセイパシフィック香港マイル(国際G1)でハットトリック(牡、栗東・角居厩舎)が優勝!
同レースに出走したアサクサデンエン(牡、美浦・河野厩舎)は6着。

キャセイパシフィック香港ヴァーズ(国際G1)に出走したシックスセンス(牡、栗東・長浜厩舎)は2着。
キャセイパシフィック香港スプリント(国際G1)に出走したアドマイヤマックス(牡、栗東・橋田厩舎)は11着。

映像はJRAホームページから「JRAビデオインタラクティブ」→「TURF TOPICS」で見ることができます。

当日、中山競馬場にいましたので、中山競馬場内のメディアホールで観戦しました。
17:00から放送開始だったため、やらなくてもよかった阪神最終レースとかに手を出してしまいました(^_^;

すでにヴァーズとスプリントは終わっていてリプレイの放送です。
まずはヴァーズ。
シックスセンス、スタート大失敗。
道中は後方の外目を追走。
4角で前に並びます。
ここで場内は「おおっ~」とざわめきます。
しかし直線で内から馬群を割ってウィジャボードが抜けてきます。
あっという間に引き離されてしまいました。
しかしシックスセンスはベストギフトとの2着争いを制しました。

続いてスプリント。
なんとも・・・
アドマイヤマックスは後方のまま終わってしまいました。

ここから生中継。
16:30(日本時間17:30)発走予定でしたが、15分ほど遅れての発走となりました。
ばらついたスタート。
アサクサデンエンは中団の後ろ、ハットトリックは後ろから2頭目で進みます。
3~4角でアサクサデンエンが上がっていき、ハットトリックも4角でスパート。
アサクサデンエンの外からハットトリック。
しばらくはアサクサデンエンが抵抗しますが、やはり切れはハットトリックのほうが上。
アサクサデンエンを引き離し、前に詰め寄ります。
ここで場内は「ペリエ!ペリエ!」と叫ぶ人多数(私も)。
最後は1馬身1/4の差を付けて優勝!
場内は拍手が巻き起こりました。
アサクサデンエンは外枠のせいもあったでしょうが、やはり先行してほしかった。

いやー、やはり応援したくなりますね。
ステイゴールドのとき(これも中山競馬場で見ました)も直線では絶望的な差でしたが、そこから「ユタカ!ユタカ!差せ!!」の大合唱でした。
みんな馬券買ってないのに(笑)
いや、馬券買ってないからか。
ちなみにハットトリックは「三連冠」、オリビエ・ペリエは「柏兆雷」、アサクサデンエンはやっぱり「浅草田園」でした。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:スポーツ

タイガース藤川、高知で冠レース [競馬ニュース・雑記]

故郷救う!高知競馬に「球児杯」デイリースポーツ
タイガースのJFKの”F”、藤川球児投手が高知競馬で冠レースを提供。
その名も「藤川球児杯(仮称)」!ってそのまんまですね。

そうかその手があったか!
開催当日は高知競馬場に来場するみたいだし、観客動員も見込めますね。
では「小倉優子杯」なんてどうですか?>船橋競馬場さん
あ、日本小型自動車振興会に怒られちゃいますね。

一時しのぎには変わりありませんが、脱ハルウララと存続に向けて努力を続けてほしいです。
少なくとも馬鹿マスコミに「ハルウララの高知競馬」なんて書かれないようになってほしいと思います。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(4) 
共通テーマ:スポーツ

ジャリスコライト、朝日杯の鞍上はデザーモJの模様 [競馬ニュース・雑記]

12/1付けの日刊スポーツの片隅に「朝日杯はジャリスコライトの鞍上はデザーモ」と書いてありました。
うーん、ここは目をつぶって北村宏Jを乗せ続けてほしかったと思います・・・
馬だけじゃなくて人も育ててよ、藤沢先生。




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

デムーロ騎手、負傷のため帰国 [競馬ニュース・雑記]

デムーロ騎手、負傷で帰国日刊スポーツ

11月26日の東京3R2歳未勝利戦でラビングルックが転倒した際に落馬、負傷。
1レースしか乗ってないじゃん!
せっかく関東に来たのに・・・もったいないなぁ~




 にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 競馬ニュース・雑記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。